「痛みの無い治療」を心がけて治療します。
歯の治療で一番気になる事はなんですか?
この質問をされるとほとんどの方が、

「治療の際にどのくらいの痛みがあるのか気になる」

と答えられます。
他には「過去の治療で痛い経験をしたので、歯医者さんに通うことが怖かった」などのご意見も多くいただきます。

確かに歯科医院・医師によって設備や治療方法が異なってきますので、痛みを伴う治療になってしまうこともあることは事実です。

無痛治療

治療が痛すぎて、途中で病院に行かなくなり、治療途中の箇所が悪化して、痛みに耐え切れなくなってから当院にご相談に来る方もいらっしゃいます。

そういった方でも完治するまで安心して来院していただけるように、当院ではできるだけ痛みを伴わない「無痛治療」を心がけて治療を行っております。

無痛治療といっても全ての治療を無痛にする事はどんな医師でも不可能です。
しかし、麻酔のかけ方を注意したり、最新の医療機器を使用することにより、限りなく無痛に近い状態で、治療を受けていただくことが可能ですので、実際に治療を受けられた方は「想像していただよりも痛くなかった。」といわれる方がほとんどです。

残念ながら歯の治療は薬だけ終わることはほとんどありませんので、何度か病院に通院していただく必要があります。
だからこそ、患者様の「痛み」に関する負担・悩みを取り除くことが重要だと当院では考えています。

治療に対しての不安な事などはカウンセリングの際に医師が優しくお聞きしますので、お気軽にご相談ください。
痛みのない治療へのこだわり
麻酔について

麻酔を使用する際は、基本的に「表面麻酔」という塗るタイプの麻酔を歯茎に塗布してから、麻酔薬の注射を行います。
そうすることにより、注射の際の痛みを最小限に抑えることが可能です。
麻酔用電動注射器極細の注射針を装着した麻酔用の電動注射器を使用

注射針が太ければ、その分痛みを感じることが多くなりますので、当院では極細の注射針を使用しています。
更に麻酔用の電動注射器を使用することにより、麻酔薬を痛みの少ない
一定のスピードで注入がきますので、患者様に負担をかけずに麻酔を打つことが可能です。
専用オペ室外科的な処置を行える専用オペ室も完備

インプラントなどの外科的な処置は他の診療室とは隔離したオペ専用の個室で
施術ができますので、オペの際に患部に雑菌が入り込み、
感染症などを引き起こすリスクを抑える事ができます。


体調や症状によっては麻酔が効きづらい場合がありますので、事前にご相談してください。
・過去に麻酔を使用した治療を行った際に麻酔があまり効かずとても痛かった。
・歯茎の炎症がひどくとても痛みがある。
・体調がすぐれない。
MENU
歯周治療(歯周病の治療を行います) 定期健診(健康な歯を保つために) 審美歯科(美しい歯を作成) PMTC・ホワイトニング(歯を磨き上げます) 義歯(各種入れ歯を作成) インプラント(人工の歯を植える治療法) 口腔外科(抜歯や外傷の処置など) 小児歯科(お子さんの歯を守ります) 矯正歯科(歯並びと噛み合せの補正) 往診(ご自宅などへの訪問治療)
診療カレンダー

の日は休診日です。
午前 10:00〜13:30(受付13:00)
午後 15:00〜20:00(受付19:30)
※土曜日・日曜日は18:00まで(受付 17:30)
※休診日 祝祭日
PAGETOP